場所
台湾の地図
言語

公用語は一般的に中国語(北京語)です。台湾現地で「国語」と表現されています。その他にも台湾語、客家語、原住民語等、様々な言語が使用されています。

入国情報

入国にあたりパスポートの有効期限が台湾入国時にが3ヶ月以上あること。

■ ビザ

日本国民については、90日以内の滞在であればビザは不要。(下記の目的の場合に限る。)

使用通貨

NTD(台湾元)

中国人民元とも香港ドルとも異なる、台湾元。現在のレートで大体表示価格の3,1~3,5倍くらいの価格。

現在のレートで大体表示価格の3,1~3,5倍くらいの価格。

 

両替場所

台湾旅行の際は、日本で両替するのではなく、台湾で両替することをおすすめします。

台湾で両替した方がレート良く、手数料がかからないところが多いです。松山国際空港、桃園国際空港でも到着便に合わせて両替所が営業しています。日本語も通じますので、どうぞご心配なく。

 

 

よく「市内の銀行で両替した方がレートが良いのでは」と聞かれます。もちろん空港と比べると多少レートが良いのですが、そんなに大差はありません。相当大きな金額を両替しない限り、わざわざ銀行に行くよりも空港で両替してしまった方が便利でしょう。

ちなみに市内の銀行で両替する場合は、この銀行のレートが比較的良く、手数料もかからないのでおすすめです。

 

 

■ 【チップ】

基本的にチップの習慣はない。高級ホテル、レストラン、カフェではあらかじめ10%のサービス料が付加されていることが多い。

 

■ 【消費税】

商品の価格には5%の消費税が含まれている。税金還付制度を実施している一部の店舗で一定額以上の買い物をした場合、返却される。

 

■ 【最低消費】

台湾のレストラン、カフェでよく見られる「最低消費」表記。

これは一般的に言うミニマムチャージ。台湾ではミニマムチャージが設定されていて、一定以上の金額をオーダーする、またはワンドリンクオーダー制お店が結構あります。

ほとんどのお店のメニュー等に記載されているので、チェックしてみて下さい。